『チマチマ記』を読みました

長野まゆみ作『チマチマ記』を読みました。長野まゆみさん版いわゆる飯テロ小説みたいなものです。これまでもお料理を作っているシーンなど作品の中で少し書かれていましたが、今回はそのシーンが物語の多くを占めています。
今回、恋愛要素は少な目ですが、ちょっと救いがあるというかこのままいけば両想いになれるかな、というところで終わっているのでそこは良かったです。
お話しの語り部は猫なので猫好きの私としてはそこも嬉しいところです。
さて、このお話しの中で出てくる、「水晶豆腐」というがあります。お豆腐に片栗粉をつけて、お湯にくぐらせて豆腐に半透明の膜を作るというお料理です。字面からしてとても美しい食べ物です。長野さんの作品のものは実在しないものがたまに出てくるので、これは実在する食べ物なのか、作っている人がいるのかネットで調べてみたところ、ちゃんと世間的に実在するものでした。いつか作ってみようかと思いましたが、想像のなかで憧れとしてとっておいた方がいいかな、とも思っています。
さてさて、LIZ LISAの買取をこれからします!
面倒くさくてやっていなかったのですが、両親が遊びにくるので、部屋を片付けないといけないんです。LIZ LISAはこちらに査定に出そうと思います。→LIZ LISAの買取